2020年から始まる!5Gになって変わる3つのこと

最近、メディアやニュースで話題を集め、注目を集めているのが5Gという話題です。

5Gとは回線の種類で、現在の4G回線に対して20~100倍に通信が高速化するとされています。

なぜ5Gが注目を集めているのかというと、5Gに切り替わることで、生活が大きく変化し、ビジネスチャンスが増え、あらゆるものが便利になるためです。

そこで今回は、5Gとは何なのか?5Gに変化する3つのことなどを紹介していきます。

5Gへの急激な変化に対して、今のうちに準備をしておきましょう。

まず確認!5Gって何?

5Gというのは、2020年から全国で展開されるアップグレードされた通信規格のことです。(G=Generation(世代)5Gとは「第5世代」という意味)

5Gになれば、

  • 高速通信
  • 低遅延化
  • IoT化(多数端末の同時接続)

などが実現すると言われています。

しかし、「一体どういったことが変わるのか」、「具体的に何が変わるのか?」分からないですよね。

そこで具体例を交えて、この3つを紹介していきます。

5Gになるとこう変わる!「高速通信」

5Gになると、圧倒的に通信が早くなるため、ネット内でのコミュニケーションやエンタメなどあらゆることが劇的に変化すると言われています。

現在の4Gから20~100倍ほどになるとされているので、その速さはけた違いになるでしょう。

例えば、2時間の映画は3分でダウンロードできたり、4Kや8Kのきれいな映像もスムーズに見れたりといったことが可能になるでしょう。

また大容量での映像も見ることができることから、3D映像などのVR、MRも高精細でスムーズに見ることができるようになります。

5Gになるとこう変わる!「超低遅延」

5Gになると変わることの一つに、「超低遅延」があげられます。

超低遅延とは、動画が途中でフリーズしたりといったことがなく、スムーズに見れるようになります。

ただし、超低遅延で実現できる未来は、それだけではありません。

例えば、4Gのスピードではネットでの遅延で誤差が生まれると難しかった「遠隔治療」、「自動運転」なども5Gに展開すると、実際に利用できるようになるとされています。

5Gになるとこう変わる!「IoT化」

5Gに切り替わることで、ほとんどのモノがネットにつながる「IoT化」が進みます。

現在でも、コーヒーマシンや洗濯機などの家電にICチップが埋められることで、すでにスマホのアプリで操作できるものが販売されていますよね。

その流れがより拡大し、家中すべてのものがスマホなどで操作することができるようになります。

また、スマホという媒体ではなく、スマートグラスによってあらゆるものをネットで操作することができ、さらに同じスマートグラスを持つ人と連携することができます。

そうすると、同時にホログラムを見ることもできるようになるというSF映画のようなことも可能になります。

5Gになって流行するであろうモノ3つ

ここまでで、5Gに切り替わることで、今までの生活が大きく変化するであろうことはお察しできたかと思います。

それならば、真っ先に5Gの導入に向けて自分の仕事やビジネスに役立てるためにいろいろな流行を予測したいところです。

ちなみに4Gに切り替わったときは、Youtubeなどの動画がスムーズにスマホで見れるようになったため、「Youtuber」や「TikTok」などが流行しました。

5Gになるとより大きな変化が期待できますが、一体何が変化するのか?何が流行するのかをあらかじめすることで、ビジネスに役に立ち、かなり得をすると思っておいたほうが良いでしょう。

そこで、5Gに切り替わると流行するであろうモノを3つ紹介していきます。

5Gで流行するもの①自動運転

5Gによって急速に広まることが予測されるているのは、自動運転車です。

現在も、テスラモーターズなどが高速道路などで自動運転が可能な自動車を販売していますが、トヨタや日産も自動運転車のテスト走行を始めています。

自動運転車が広まると、それを利用したサービス(無人タクシーなど)や運送業にも影響を与え、より便利にr広まっていくことでしょう。

特に、日本は超高齢化が進むため、高齢者が運転する自動車よりも自動運転のほうが安全だということで、早急に広まる可能性は高いです。

5Gで流行するもの②スマートグラス、VR

5Gで通信速度が速くなることで、最も流行するであろうモノの一つがスマートグラスです。

スマートグラスとは、現実の世界にネットの情報や3Dのキャラクターを重ね合わせてみることができるグラスです。

VRと違うところは、VRは現実とは遮断された3D空間を映し出すのに対して、スマートグラスは半分現実空間でありながら、半分は仮想現実という拡張現実(AR,MR)が実現できるということです。

例えば、マイクロソフトが開発しているホロレンズなどが分かりやすいでしょう。

現在は、マイクロソフトのホロレンズを筆頭に、グーグル、アップル、アマゾンなどが開発に力を入れており、スマホに代替するものになるのではとされています。

5Gで流行するもの③IoT家電

5Gで流行するものの3つ目はIoT家電です。

現在も、ルンバや洗濯機、冷蔵庫、給湯器などあらゆるものがネットにつながっていますが、家じゅうのモノがネットにつながることになります。

例えば、家ごとIoTにしており、スマホですべての家のものを操作できるような住宅も販売していくことでしょう。

IoT家電とスマートグラスが連動したらと考えると、スピーディーでより便利な時代になるなと想像でき、今からわくわくしますね。

5Gは2020年から

5GってSF映画のようだと思う人もいるでしょう。

しかし、5G回線はすでに2019年にはアメリカや中国で先に展開され、日本でもプレサービスが始まっています。

日本の全国展開は2020年3月からということですが、今後ますますメディアで話題になっていくことでしょう。

あらかじめ学んで予測していくことで、世の中の波に乗りやすくなるので、多くの情報を取り入れて、準備しておきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください