「ポリテック」って何?小泉進次郎が提案するテクノロジーと政治

ポリテックとは、政治(Politics)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、「テクノロジーによって何が可能か?を政治の中で議論する」ということです。

この「ポリテック」とは、2019年8月に滝川クリステルさんと結婚した政治家・小泉進次郎さんが提唱したことで話題となりました。

小泉進次郎さんといえば、元総理大臣の小泉純一郎氏の息子としても知られており、次期総理大臣の候補の一人とされています。

日本の政治では、テクノロジーについて語られることが少ない印象がありますが、この小泉進次郎さんはあえて、「ポリテック」という言葉を使って新しい政治を切り開いていくのではとひそかに期待をしています。

そこで、今回は、ポリテックがどのように語られているのか?政治がテクノロジーで変わるのかについて、小泉進次郎氏の語る未来について紹介していきます。

政治が変わる?「ポリテック」の意味とは?

ポリテックとは、前述した通り、「政治の中でテクノロジーで何が可能になるのか?」「どう世の中の仕組みに取り入れていくのか?」を語られることを意味しています。

政治家はテクノロジーに疎いとよく批判され、IT技術の開発者にとっては政治の法改正が進まないことで、やきもきする時代が長らく続いたと言われています。

しかし、現在はAIなどのテクノロジーの進歩によって、政治や経済にもさまざまな恩恵が受けられることもあり、テクノロジーに関して政治家も無視できない状態です。

それでは、ポリテックがどのように語られるのか?また、現状でどのような政策が進められているのかを紹介していきます。

「ポリテックス」は、小泉進次郎が提唱

「ポリテック」は、次期総理大臣の一人として候補が上がっている小泉進次郎さんが提唱を始めたことで有名です。

例えば、小泉進次郎さんは、2018年に人工知能研究の第一人者である東京大学准教授の松尾豊氏を招き勉強会などを開いていまおり、テクノロジーの分野を政治で融合していこうという運動を起こしています。

また、本人もニコニコ動画で配信をしていたりとかなり、テクノロジーに強い関心ンを抱いていることも伺えますね。

今後の総理大臣の候補に上がっている人が、こういった話題を出すということは、嬉しい限りですね。

メディアアーティストであり、日本のITやAIの第一人者の一人とされている落合陽一さんも、この「ポリテック」という言葉には賛同しており、かなり期待されています。

政治にテクノロジーを入れる利点

政治にテクノロジーを取り入れる利点は大きく3つあります。

  • 超高齢化社会の課題を解消できる
  • 都市部と地方の格差を埋められる
  • 教育分野の改善

こちらは、小泉進次郎と落合陽一の対談が綴られている「日本進化論」という本の中で読むことができます。

ざっと要点を紹介していきます。

超高齢化社会の課題を解消できる

日本は未曾有の高齢化社会に突入し、10年後にはおよそ30%以上が後期高齢者となります。

そのため、働き手が不足することは確実とされており、医療・介護を中心に労働不足になることが問題になっています。

そういった問題を、海外労働者の移民を増やすということで解決しようとしていますが、ビザの関係や治安の問題でなかなかうまく進まないという現状があります。

そこで、AIなどのテクノロジーを使って労働力を代替することで、大きく労働力不足を解決することができます。

政治の中でもAIに関しては懐疑的な意見が多いですが、少子高齢化という社会的に大きな課題を解決してくれるため、しっかり議論に取り入れていかなければなりません。

都市部と地方の格差を埋める

都市部と地方の格差もまた、AIによって解消されます。

基本的には、都市部は人口が密集して、地域は人口が減って過疎化する地域が進んでいます。

特に、過疎化が進んでおり数人の老人しかいない村も存在しており、都市部との格差が問題視されています。

例えば、そこにAIロボットを導入したり、自動運転車を走らせることによって、人手不足が解消し、老人しかいない村であっても住みやすい場所になります。

特に自動運転に関しては、高齢者の足となってくれるので、かなり大きな問題を解決してくれるでしょう。

教育分野

教育分野でプログラミングなどのテクノロジーの分野を大きく取り入れることで、良質な人材を育成することができます。

なぜなら、テクノロジーに強い人材を育成できれば、前衛的な日本の今後の経済戦略を立てられることができ、優秀な人材を確保することができます。

そういった優秀な人材を育成するには、小学校からプログラミングの仕方を学んだりすることが大事で、アメリカや海外では特にプログラミング教育を進めています。

日本では、教育分野のカリキュラムを変更するには、政府の教育分野の改善を進めることが鍵となります。

現在はどこまで進んでいる?「ポリテック」のある未来

ポリテックがしっかりと導入されれば、テクノロジーは一気に加速します。

現在もすでにテクノロジーによる法改正が決定しているものもあれば、福岡市などテクノロジーに寛容な都市も出現しています。

今後ますます進んでいくであろう、現在のテクノロジーと政治との関係を紹介していきます。

自動運転車の導入による法改正が決定

自動運転車に関しては、レベル3(運転手がいつでもハンドルを握れる状態で補助的に運転する)の自動車が日本でも発売されています。

そのことにより、高速道路などの自動運転中に一時的にスマホを見たり、読書をすることを許可する法律が改正されました。

ただし居眠りなどは厳禁で、何かあったらすぐにハンドルを握れるようにするということは前提です。

法改正が進んだことで、自動運転に関しては、一歩前進といったところです。

福岡市など地域が先にポリテック導入か?

福岡市はIT系のスタートアップ企業を多く輩出しており、SNSを活用して戦略を立てるなど、IT地域として成長しています。

その一環で、福岡市はエストニアのような仕組みを取り入れるということを検討しているようです。

エストニアは、インターネットにプラットフォームをもった電子国民に、どんな国の人でもネット上で申請することができると、話題になっています。

エストニアは、インターネット上で選挙を行ったり、納税や他の届出もインターネット上で行えます。

もし福岡市がそのような制度を取り入れたら、電子福岡市民になる人が世界各国で増えると予測できます。

まとめ

以上、「ポリテック」に関する情報を紹介しました。

テクノロジーの開発が進んでいる以上、「ポリテック」という言葉は、今後もますます注目を集める言葉になると思います。

さまざまなAIなどのテクノロジーは社会的な問題を解決してくれるため、ぜひこういった言葉が普及してほしいところです。

今のうちにしっかりとチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください