AIエンジニアになるために必要なスキル・稼げる年収は?

現在は、AIを試験的に導入する時代は過ぎ、さまざまなジャンルのビジネスに、実際に利用されています。

すでに、企業ではチャットボット、データ解析、検索システムなどで、AIを活用したビジネスが盛んに行われており、それに伴って需要が増えている職業がAIエンジニアです。

AIエンジニアは、現在急激なAIブームに突入して人材が不足しており、なんと平均年収1000万円以上という高収入の案件が豊富にあります。

特に今後も成長することが期待されているため、学生やビジネスマンの多くがAIエンジニアに転職を志しています。

そこで、今回はAIエンジニアになるために、必要なスキルや資格、未経験でもAIエンジニアになる方法を紹介していきます。

AIエンジニアの年収はいくら?

近年、AIのブームに伴って急速にAIエンジニアの求人が増えています。

そのため、AIエンジニアの年収は高くなっており、日本では平均1300万円と、他職とは桁外れに多くの収入が期待できます。

しかし、日本だけでなく世界をみると、アメリカの優秀なAI開発者は年収は3000〜5000万円だと言われています。

中国も、AIの開発は各企業で活発に行われており、優秀なAI開発者は年収2000万円で、グローバルに活躍することで、さらに年収が上がることが予測されています。

AIエンジニアとして、グローバルに活躍したいという人には、今後も需要が高まる可能性が高く、AIエンジニアになるために努力をすることはおすすめなのです。

AIエンジニアになるために必要なスキル

AIエンジニアになるためには、まずプログラミング言語「Python」の習得が必要になります。

さらに、プログラミングといってもWebデザインやアプリ開発とは違って、数学や統計などの知識が必要になります。

例えば、微分・線形代数、ベクトル、行列、確率、標準偏差、分散、確率分布、確定、検定などの知識が必要です。

さらに、AIの基礎となる「機械学習」「ディープラーニング」の学習の手法(教師あり学習と教師なし学習、前処理の方法や特徴量の設計)などが必要です。

他にも、ライブラリを利用する場合はライブラリの知識を理解し、実際に利用できるスキルが必要になります。

 AIエンジニアに必要な資格は?

結論から言うと、AIエンジニアとしてビジネスで活躍するために必要な資格はありません。

そのため資格よりも、実績や実務経験があるか、実際にどんなデータを作ったことがあるかどうかが転職には重要視されています。

ただし、AIエンジニアの資格というものは存在しており、一般社団法人ディープラーニング協会が行っている2種類の検定を取得することができます。

時間があったら取得しておいても損はないでしょう。

未経験からAIエンジニアを目指すなら、スクールに通おう!

もし、未経験からAIエンジニアに転職をしたいと考えているのなら、独学をするよりもスクールに通う方が早くてしっかりとした実力が身につくので、おすすめです。

なぜなら、AIの仕組みを習得して自分で勉強するのは、覚えることが多すぎて挫折する可能性があるためです。

「スクールに通うにはお金がかかる・・・」と思う人もいますが、転職ができなければ全額返金をするという転職保障や転職サービスが付いているスクールがあります。

転職ができると当然収入が上がるため、スクールの費用分は元が取れ、もし転職に失敗したとしてもスキルは身についた状態で、全額返金されるため元は取れるでしょう。

下の記事に、転職保障がついたAIエンジニアスクールの情報を載せておくので、ご覧ください。

TechAcademyのHPはこちら

AIエンジニアへの近道!スクール3選

AIエンジニアとして実際に企業で働けるようになるために、最も近道なのは、プロの講師から直接指導を受けられる、スクールに通うことです。

しかし、実際にスクールに通おうと思っても、数あるスクールの中でどれを選べば良いのかわからないですよね。

プログラミングスクールでのおすすめは、転職保障まで付いているスクールがおすすめです。

それでは、AIプログラミングが習得できるおすすめのを3つ紹介していきます。

転職保障付き!オンラインで学習できる『TechAcademy』

TechAcademy」は、完全オンライン型で、最短4週間で未経験からプログラマーになれるオンラインスクールです。

受講生に一人ずつ、パーソナルメンターがつくシステムで、分からないところがあれば、いつでもチャットで質問することができます。

どこかに通う必要もなく、自宅や学校、勤務先などパソコンさえあればどこでも、プログラミングを勉強することができます。

過去にプログラミングやWebデザインを勉強して挫折した人や、スキルを習得して転職を目指したいという人、もしくは今後フリーランスとして働きたい人にもおすすめです。
TechAcademyの公式サイトはこちら

転職コースもあるので安心して学べる!『CodeCamp(コードキャンプ)』

CodeCamp」は、高い学習効果が評価されており、テレビや新聞、ビジネス誌など多くのメディアで紹介されているプログラミングスクールです。

講師は現役のエンジニアで、オンライン上で365日7時〜24時まで受講をすることができるので、どこに住んでいても自分のライフスタイルに合った受講をすることができます。

また、未経験から確実にプログラミングを習得するために開発されたオリジナルカリキュラムでWebデザイン、Webサービス開発、アプリ開発などを幅広く学習することができます。

多くの受講生がマンツーマン指導によって、プログラミングを実際に働けるレベルまで習得し、キャリアアップ・転職・独立起業などを実現しています。

「転職コースのCodeCampGATE」では、各受講生には専任のキャリアアドバイザーがつき、プログラミングの習得だけではなく就職先の見極め方や応募書類の添削、面接対策などをサボートしてくれます。

今なら無料体験レッスンを受講すると受講料が1万円引きになります。

『CodeCamp』の無料体験レッスンはこちら!

転職率98%のオンラインプログラミングスクール「TECH::EXPERT」

TECH::EXPERTは、未経験からプロのエンジニアスキルを身につけることのできる短期集中プログラムです。

オンラインで学べるので、学生や仕事をしながらなど自分のライフスタイルに合わせてどこにいても受講することができます。

未経験からエンジニアを仕事にできるようになるまでは、通常1000時間は学習が必要ですが、600時間に圧縮した高密度なコンテンツで、短期間でスキルアップをし、エンジニアに転職をすることも可能です。

そのため、3ヶ月間の受講で転職成功率は98パーセントと転職率が高く、本気で転職をしたいという人におすすめです。

プログラミングの悩みを解消してくれる無料カウンセリングも受け付けており、現在までで6000万人の人がカウンセリングを受けて悩みを解決しています。

「TECH::EXPERT」の無料カウンセリングを受けるならこちら!

まとめ

以上、AIエンジニアに転職をしたいという人向けに、AIエンジニアの年収や、転職するために必要なスキルなどを紹介しました。

AIの技術の開発が進めば、AIエンジニアはどんどん必要とされる職業になっていきます。

転職保障付きのスクールに通うという方法もありますので、この機会にAIエンジニアとしての道を考えてみましょう。

2 comments / Add your comment below

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください