スマートグラスの未来とは?「VR・AR・MR」の違い

近年、「VR」「AR」といった言葉がメディアで頻繁に見られますが、「スマートフォンの次に流行るのではないか?」と注目を集めているのが、スマートグラスです。

スマートグラスには、ARグラス、MRグラスなどがあり、現実の空間とバーチャルのコンテンツが合体したメガネ型デバイスです。

最近では「ポケモンGO」などのARアプリが大流行しましたが、このメガネをかけることで、ポケモンGOのように、現実とバーチャルがごちゃまぜになった世界観を体感することができます。

そんな注目のスマートグラスですが、「Apple」「マイクロソフト」「グーグル」などのソフトウェア企業が現在開発に注力しています。

最新の技術を知っておきたい人、ビジネスのために情報を先取りしたい人は、スマートグラスの最新の動向を知っておくことが重要です。

そこで今回は、そんなスマートグラスやARグラスについて、どんな機能があるのか、どんな商品があるのかを動画を交えて解説していきます。

まずはおさらい「AR・VR・MR」とは何か?

まずは、スマートグラスとARグラス、MRグラスの違いはという説明をします。

厳密には、スマートグラスは「現実に付加的な情報を付与するもの」で、拡張現実であるARグラスとは別と判断されます。

実際には、ARグラスもスマートグラスも同じものと捉えられることが多いので、この記事でもARグラスもスマートグラスも同じ意味として紹介していきます。

ただし、ここで解説していくVR、AR、MRは全く違う意味を持ちます。

これらの言葉が、どのような意味があるのかは以下の通りです。

  • VR=仮想現実(Vertual Reality)
  • AR=拡張現実(Augmented Reality)
  • MR=複合現実(Mixed Reality)

それでは、一つ一つ紹介していきます。

VR=仮想現実(Vertual Reality)

VRとは、バーチャルの映像の世界(仮想現実)に実際に入り込んだかのような体験できるぎ技術です。

VRゴーグルを使って、3DCG(コンピューターグラフィックス)や360°カメラで撮られた全周囲映像(向いた方向に応じて風景が変わる映像)を体験することができます。

動画の通り完全没入型のバーチャル映像の中にいる体験ができ、現実とは全く違う世界観を楽しむことができます。

話題になったのはPSVRの完全没入型ゲームや、スマホを使ったVR映像です。

特に、VR映像は、数千円で購入できる安価なVR用ゴーグルとスマートフォンでも簡単にVR世界を体験することができます。

AR=拡張現実(Augmented Reality)

ARとは、現実の世界に仮想の世界を重ねて「拡張」する技術です。

3DCGの映像やキャラクターなどを、現実の風景と重ねて投影することができ、まるでリアルの世界に3DCGキャラクターが現れたような体験ができます。

例としては、現実世界にポケモンがいるように見える「ポケモンGO」、自撮りの顔に動物の耳や鼻などのCGを重ねて撮影できるカメラアプリ「SNOW(スノー)」がわかりやすいですね。

欠点としては、そのCGキャラクターの後ろに回り込んでみたり、近づいてみるなどのアクションを起こせないということがあります。

MR(Mixed Reality)=複合現実

MR(複合現実)は、AR技術をさらに発展させた技術です。

ARアプリの「ポケモンGO」では、ポケモンに近づいていったり、直接触れたりすることはできません。

しかし、MRアプリならメガネについたカメラやセンサーを使って、自身とキャラクターの位置を割り出しキャラクターに近づいていったり、回り込むことも、バーチャル上で触れることもできるようになります。

現実世界(Reality)と仮想世界を融合させており、VRやARよりも、さらにバーチャル世界をよりリアルに感じることができるのです。

さらに同じMR空間を複数の人間が同時に体験することも可能です。

ライブ映像を世界各国の複数の人と同じ空間で観戦することができたり、テレビ電話では2次元の画面越しの電話ではなく、3D映像で実際に会っているように会話をすることもできます

このように、ゲームやエンターテインメントからビジネスシーンに至るまで、あらゆる分野で導入されることで注目が集まっている技術なのです。

購入可能な今注目のスマートグラス5選

まるでSF映画の世界を再現したようなメガネ型デバイスですが、実際に多くのソフトウェア企業が開発しており、購入可能なデバイスもあります。

そこで、今後注目されるであろうAR・MRグラスを10個紹介します。

安いものなら1万円前後で実際に購入できるものも多いので、自分の好みのグラスを見つけて、最新情報に注目しておきましょう。

Microsoft Hololens2(マイクロソフト・ホロレンズ2)

Microsoft HoloLens2(マイクロソフト・ホロレンズ2)は、2019年に新しく発表されたMicrosoftが提供する開発者向けのMRメガネのヘッドセットです。

ホロレンズは、両目に透過型ホログラムレンズを備えており、立体視(3D画像)が可能になっています。

4つの環境観察カメラ・1つの深度カメラを備えているため、インサイドアウト方式の位置トラッキングを可能です。

どういうことかというと、3次元的に空間を認識する機能のことで、3DCGのオブジェクトが、空間情報に合わせて配置したり、動くことができます。

また、自身の指も10本トラッキングすることができるので、3DCGの中でピアノを弾いたりすることができ、オブジェクトを簡単に操作することが可能になります。

しかし、ホロレンズは開発者向け・企業向けに販売されており、値段も約39万円(約3500ドル)ということです。

ホロレンズ2では、初期型で問題視されていた、ホロレンズの視野角の狭さが改善されて60度になった他、ヘッドセットが軽くなり快適に利用できるようになったりということです。

この発表によっては、ホロレンズが急速に広がることにもなるため、多くの開発者から注目を集めています。

ARメガネデバイスのMagic Leap One(マジックリープワン)

Magic Leap One(マジックリープワン)は、Magic LeapというAR技術の企業が販売しているARメガネです。

MagicLeapOneでは、ホロレンズと同様に空間にバーチャルな物体やキャラクターを出現させる「空間コンピューティング(Spatial Computing)」を採用しています。

デジタルライトフィールドという技術により、リアルとバーチャルを繋いだ全く新しい体験を実現しています。

特徴としては、本体はLightwareと呼ばれるヘッドセットと、Lightpack(プロセッサ等を搭載する装置)という小型コンピューターがセットになっているということです。

ヘッドセットには、多数のカメラが搭載されているため、HoloLens同様位置トラッキングなど、高度な処理が可能になっています。

操作は付属のリモコンや、手を使って行います。

Magic Leap Oneは、開発者版として2018年8月に2295ドル(約25万円)で予約販売をされています。

米国のみの購入のため、日本で購入することはできませんが、動画で見るとどういったデバイスなのかが分かりますね。

世界初!音のARメガネ「Bose Frames」

音響メーカーのBoseは、「聴くAR」と称してサングラス型ARグラス「Frames」シリーズを発表しました。

「Frames」は、世界初のオーディオ拡張現実プラットフォームで、「音」の拡張現実のため、レンズ部への映像表示の機能は一切ありません

しかし、「Frames」に搭載された頭の動きを捉える9つのセンサーと、接続したスマホのGPSを活用して、現在地に合わせた情報を音声で伝えてくれます。

つまり、視界に入ったレストランやショップの情報なども音声でガイドをしてくれるということです。

他にも、スマホの中に入っている音楽を聴くなど、さまざまなことが可能です。

2種類から選べる、人気サングラスメーカーのレイバンのような、スタイリッシュなデザインも、多くの人に受け入れられるポイントです。

2019年1月に予約販売を開始し、価格は199ドル(約23,000円)ということです。(米国のみの販売で、日本への配送が可能かは不明です。)

デザインがおしゃれな「Visix Blade」

Vuzixが開発したスマートグラス「Vuzix Blade」は、Bose のARメガネ同様、自分のスマホと同期にさせることで、位置情報やアプリなどが利用できます。

音声アシスタントとしては、AmazonのAlexa、Google Assistant(グーグルアシスタント)も対応しており、画面上にもAlexaが起動したアプリが映し出されています。

また、メガネには録画、撮影ができるカメラも搭載しており、さまざまなシーンで活用できるでしょう。

操作の方法は、2本の指で眼鏡右サイドのタッチパッドをスワイプして行います。

メガネのデザインも、日常で使用しても違和感がないため、今後普及することが期待できるスマートグラスの一つです。

Vuzix Bladeは2019年2月に約1000ドル(11万円)で発売するということで、今から話題になっています。

Google Glass(グーグルグラス)

Google Glass(グーグルグラス)とは、Googleの親会社であるAlphabet傘下の「X( 前・Google X Lab )」が、企業向けに提供しているスマートグラスです。

グーグルのスマートグラスは、右目側にプリズムが備え付けられているのが特徴です。

グラスを付けている間は、現実世界に重ね合わせて作業手順書などを表示させたり、付属のカメラで映像や写真を撮影することができ、さらに音声で操作することもできます。

グーグルグラスが、初めて登場したのは2012年。

初期のグーグルグラスは、個人が所有するためにメガネをかけた状態で歩行をしたり運転する危険がある他、備え付けのカメラからプライバシーが漏洩する懸念があるなど、大きな論争が巻き起こりました。

その後、2015年にグーグルグラスは販売中止となりましたが、2017年に企業向けとして「グーグルグラス2」が発売されます。

医療分野や在庫管理業者などの企業に向けての販売ですが、さまざまな企業の仕事の効率化に成功しました。

そのため、企業向けのため、個人では購入することは出来ませんし価格も約20万円と高価です。(旧型はAmazonなどで在庫の有る限り購入可能です。)

スマートグラス・ARグラスに残る課題

スマートグラス普及への大きな課題は、スマートグラスをかけて歩行、運転をするなど、事故に繋がる危険があることです。

そのため多くのスマートグラスの販売する企業側は、「企業向け」「開発者向け」ということが前提となっており、価格も安くはないため、一般ユーザーには本格的なグラスデバイスが行き渡っていない状態です。

こういった課題が解決されつつ、値段が手頃になったら一気に普及されると予想されるので、どんなデバイスがあるのか、早めに情報を仕入れておくことがおすすめです。

まとめ

今回は、最も注目されているスマートグラス、ARグラス、MRグラスのおすすめをまとめてみました。

スマートグラスは、スマートフォンの次に流行するのではと、企業がこぞって開発をしているデバイスです。

また、今回はアメリカのデバイスのみでしたが、日本、中国のメガネデバイスの開発も進んでいるとのことです。

どんな新しいデバイスが出てくるのか注目が集まりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください